ハーブガーデンシャンプーを買う前に読むブログ
ハーブガーデンシャンプーを買う前に読むブログ
ホーム > > 髪の保湿を考えるのならハーブガーデンシャンプー!

髪の保湿を考えるのならハーブガーデンシャンプー!

「髪先がパサつきだしたら、美容院でカットしてもらっている。」など、髪のパサツキの悩みは解決を諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。

髪の毛がパサつく原因は、外気の乾燥のせいだと思っている方も少なくないかもしれません。

ここでは、乾燥の原因を確認し、ハーブガーデンの保湿に優れた成分についてご紹介します。

乾燥の原因

髪がギシギシきしんだり、パサつきが気になったりすると、テレビCMで見るような黒髪美人さんのきれいな髪に憧れたりしますよね。

そもそも髪が乾燥してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか。以下に代表的な原因例をあげてみます。

・栄養不足
・ドライヤーやエアコン
・紫外線
・外気の乾燥
・洗いすぎなどによる皮脂の取りすぎ

髪の三大栄養素は、タンパク質、ビタミン、ミネラル(亜鉛)だといわれています。髪が栄養不足におちいることで髪の新陳代謝にも影響し、乾燥しやすい髪質になってしまいます。
また、ドライヤーや紫外線など、外部の刺激を受けキューティクルが壊れてしまったり、ダメージを受けてしまったりすることも・・・

意外に色々な原因がある髪の乾燥ですが、毎日のシャンプーで改善することができる可能性があります。

保湿効果抜群のハーブガーデンシャンプーの成分

保湿成分豊富なハーブガーデンのシャンプー。どんな成分で髪の潤いを取り戻すことができるのでしょうか。

<ラフィノース>

「ラフィノース」という成分に、聞き覚えのない方も多いかもしれません。

ラフィノースは天然のオリゴ糖成分で、一度つかんだ水を離さない強力な保湿効果、角質層にはたらきかけることで、バリア機能を向上させる効果などがあります。

<ユズセラミド>

ユズセラミドとは、ユズ果実エキスともいわれ、ユズの果実から抽出されたエキスのことです。

「セラミド」というと、美肌効果のある化粧品だというイメージがありますが、髪にも有効な保湿成分です。

キューティクル保護や、ダメージ補修の効果が期待できます。

<ヒアルロン酸>

ヒアルロン酸は、人のからだに存在する成分で、水分不足ですかすかになった髪を内側から保水してくれる効果があり、髪の芯から丈夫にしてくれますます。

ハーブガーデンシャンプーはコンディショナーも安心保湿!

シャンプーが安心な成分を利用していても、コンディショナーにはシリコンが含まれていたりする場合もありますが、ハーブガーデンのコンディショナーは、シャンプー同様天然成分100%でできています。

以下には、特に保湿に有効な成分をご紹介します。

<ジラウロイルグルタミン酸リシンNa>

ジラウロイルグルタミン酸リシンNaとは、ペリセアともよばれる、天然の脂肪酸とアミノ酸が原料の植物由来成分です。

1分間という短い時間で、髪に浸透し、内部からダメージを補修します。

ハーブガーデンシャンプーで芯から元気な髪を取り戻しましょう

ハーブガーデンには保湿だけでなく、他にも天然成分100%で髪にいい成分がたくさん詰まっています。

髪の内側から健康になって、髪のパサつきとはサヨナラしましょう。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加